本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【純情のアフィリア インタビュー】カオリ、新メンバー3人にゲキを飛ばす「レベルが上がるまで待ちたくもない ついて来い!」


芸能ニュース [【純情のアフィリア インタビュー】カオリ、新メンバー3人にゲキを飛ばす「レベルが上がるまで待ちたくもない ついて来い!」]

純情のアフィリア

純情のアフィリア

  • 純情のアフィリア
  • 純情のアフィリア
  • 純情のアフィリア
  • カオリ・セレーネ・ゴドランド
  • カオリ・セレーネ・ゴドランド
  • カオリ・セレーネ・ゴドランド
  • カオリ・セレーネ・ゴドランド
  • マホ・ソット・ボーチェ
  • マホ・ソット・ボーチェ

先月23日に新メンバー3名が加入したばかりの「純情のアフィリア」が、新曲『それだけが、生きる意味なんだ』を3月28日にリリースした。



GirlsNewsでは、リーダーのマホ、加入から3年目のカオリ、新メンバーのアミナ、ベール、ミイミの5名にインタビュー、新曲リリースへの意気込みなどを聞いた。



--新メンバーを迎えての新曲ですが、純情のアフィリアとしては『この世界に魔法なんてないよ』に続く2枚めのシングルとなりますね。



マホ「ファーストシングルは『この世界に魔法なんてないよ』というタイトルから始まったんですが、今回の新曲『それだけが生きる意味なんだ』では、“魔法はないんじゃなくて、応援してくださる皆さんこそが魔法を持っているんだよ”ということがテーマになっています。

歌詞にはアイドル人生の中での、いろんな辛いこと、苦しいことも込められているんですが、その上で生きる意味や、“魔法を使ってくれているのは先輩の皆んななんだよ”というのを歌っているんですね。この曲を歌いながら、あらためて先輩(ファンの呼称)の大切さを考えたりとかしています。

個人的には、この曲はアイドルを長く続けていればいるほど、心に響くというか、重くのしかかってくる歌なんですよ。アイドルになったばかりで夢にあふれているだけのときは、それほどつらく感じないと思うんですけど、夢が破れたり、希望を見失った経験が多いほど、歌うのがつらくなってしまう歌だと思います」



--それでは、ここで一旦、新メンバーの方に自己紹介を兼ねて、それぞれの意気込みを聞かせていただけますか。



アミナ「私は歌うことが大好きで、これまでもボイストレーニングとかをやっていました。ダンスはちょっと苦手なんですけど、それでも楽しく踊れるのが強みなので、それを生かして頑張りたいです」



ミイミ「私はダンスも歌も未経験で何もかも初めてだったんですけど、加入してからの一ヶ月がすごく濃い毎日で充実してます。リリースイベントでは先輩たちと話す機会が多くて、ステージでも、ダンスをしながら先輩と目が合う瞬間が楽しくてしょうがないです。私も楽しいから、皆んなを楽しくて幸せに出来るようなアイドルになりたいと思います」



ベール「私も全くの未経験で、まだまだみんなに迷惑をかけてばかりなんですけど、早くいっぱい出来るようになって、“ベール、成長したね”って、言ってもらえるようにレベルアップしていきたいです」



--カオリさんには新曲のPV撮影の様子をお聞きしたいと思います。今まで以上にカッコいいPVでしたが、撮影は大変だったのでは?



カオリ「撮影は栃木のほうでロケをしたのですが、始発で集合して東京を出発して、翌日の朝までほとんどぶっ通しで撮影しました。本当に信じられないくらい寒くて、正直、“私たちを殺す気か!?”と思いました(笑)。でも、つらいからこそ、皆んなで頑張ろうとか、“よし、この一発で撮ろう”とか、団結力が強くなった気がします。

新メンバーにとっては、初めての曲のPV撮影がこんなに過酷なものだったら、この先怖いものはないかもしれませんね。そのあとに、百貨店の屋上でリリイベがあったんですけど、冬の屋上はすごく寒いんですよ。でも、“あの日に比べたら全然平気だね”って感じで。あの撮影のおかげで、余裕で冬を乗り越えることが出来ました。

PVのメイキングを見ていただけばよく分かると思うのですが、長めのシーンを一発撮りしたり、初めてやる撮影方法も多くて、映像的にもすごく面白い作りになっています」



--あのロケ地は特撮番組でよく使われる場所ですよね?



ベール「そうなんです!実はわたしは特撮が大好きなんですけど、あそこは仮面ライダーなどでよく使われる場所なんですよ。私も着いた瞬間に“あっ、ここは!?”って気づいて、嬉しくて一人でポーズをとっているところをミイミちゃんに撮ってもらいました。初めてのPVで自分が大好きな聖地に行けて感慨深いし、すごく思い出になりました」



ミイミ「PV撮影は初めてなので全部が大変で、なにより、今まで経験したことのないくらいの寒さで大変だったんですけど、最初なのでこれが普通なのかなと思って・・・」



カオリ「普通じゃないよ!あれが普通だったらヤバいよ!」



マホ「チョーしんどかった」



ミイミ「あとから先輩メンバーに話を聞いて、普通じゃなかったんだって思ったんですけど、やっているときは“もう楽しむしかない”って、夢中でやりました。大変なことがたくさんあったけど、出来上がった映像を見たら、すごくキレイでストーリー性のあるPVに仕上がっていて、もう感動しかなかったです・・・寒さ以外は(笑)」



アミナ「メンバーごとに別々に撮ったシーンもあるんですけど、私はまだ慣れていないので、指示をいただいてもなかなかうまく出来なくて落ち込んだりもしました。でも、編集された映像で私が映っているのを見て、自分でも感動してしまいました。思わず両親にも“PVが出来たんだよ!”って報告するほど、すごく嬉しかったです。“頑張ってよかったな”って、完成したものを見て感慨深くなりました」



--新メンバーのみなさんが情熱のアフィリアに入って1ヶ月が経ちましたが、実際に入ってみて新しい発見はありましたか?



ベール「私は純情のアフィリアに入るまでは、代表曲ぐらいしか知らなかったんですけど、カップリング曲などにも触れるようになって“こんなにいい歌がいっぱいあったんだ”って、すごく感動しました。まだ自分が踊れない曲はステージの袖から先輩メンバーを見ているんですけど、その姿を見ていて“アフィリアって、こんなにキラキラして輝いているグループなんだ”って、改めて知ることが出来ました。ここに自分がいるからには、もっと自覚を持って皆さんに追いつくようにレベルを上げていかなきゃと思います」



ミイミ「先輩メンバーのお顔は知っていたんですけど、お会いしたことのない方もいて、ライブ映像で知っているくらいでした。もともと、かわいい女の子が好きでアイドルはよく見ていたんですけど、実際に入ってみて、結構大変なことが多いなと思ってます(笑)。レッスンも沢山あって大変なのに、それでもステージでは先輩メンバーがすごくキラキラして楽しそうで、つらい顔を少しも見せないアイドルってすごい素敵だなって思います。

実は、今まで生きてきて心から人のことを尊敬したことがなかったんですけど、すごく輝いている先輩メンバーを見て、初めて尊敬しました。私も歌もダンスもまだまだ追いつけないですけど、いつか先輩メンバーみたいにキラキラしたアイドルになりたいって本気で思いました」



アミナ「グループが“純情のアフィリア”になってからは、まだ1年足らずですが、その前からずっとグループの歴史があって、先輩メンバーからレッスンで教わることがすごく多いです。昔から歌い継がれている曲を“こういう気持ちで歌っているんだよ”とか、“ここはこういうイメージで振付されているんだよ”とか教えていただいて、こうやって歴史が引き継がれているんだなと思いました。歌っている時の表情だったり、気持ちだったりと、細かいところまで教えてもらって、その分、私の感情もすごく入っていきました」



--カオリさんも少し前までは新人だったわけですが、今は後輩をひっぱていく立場ですね。後輩に対してアドバイスはありますか?



カオリ「私が入った時もちょうど3人だったんですが、やはり最初は大変でした。でも、“アフィリア・サーガ”から“純情のアフィリア”になってメンバーが入れ替わっても、パワーダウンはしたくないんです。

たとえば、マホと新メンバーでは6年の差があるわけですけど、正直、私たちが下のレベルには合わせたくないし、レベルが上がるまで待ちたくもないんですよ。だから、一日も早くこのレベルまで上がってきて欲しい。“先に行くから、ついて来い!”って感じですかね。

でも、死にものぐるいで頑張ったからこそ、私たちもステージでキラキラして輝けるんだろうし、ステージから見える景色もキラキラして見えるはずなので。そういう大きなステージに立って、新メンバーにもその景色を見せたいので、“早く上がって来い!”って感じです」



--新メンバーも入って、“大改革”も次の段階に突入したと思いますが、今後の抱負について聞かせてください。



マホ「今は連続キャンペーンをやっている最中ですが、リリイベでは新曲だけじゃなくていろんな曲を歌いたいと思っています。新メンバーには大変だと思うのですが、みんなすごく頑張っていて、昨日今日だけでも新しく5曲ぐらい踊れるようになりました。去年の夏に入ったメンバーもすごく頑張っているし、カオリから上の先輩メンバーもみんな頑張っていて、14人で一致団結して、ライブをさらに楽しくやっていこうと思っています。

新曲の『それだけが生きる意味なんだ』もすごく思い入れのある曲ですが、カップリング曲の『スパイラルスター』は4月28日から始まるツアーのテーマ曲になっているんです。1ヶ月近くのツアーで、なるべく多くの曲を披露したいと思っているので、新メンバーにも1曲でも多くの曲に参加できるようになってもらいたいです。

純情のアフィリアとしては初めてのワンマンツアーなので、いい意味で“アフィリア・サーガとは違うね”って言ってもらえるようなツアーにしたいです。少し遅いかもしれませんが、これが純情のアフィリアのお披露目ツアーです!」



『それだけが、生きる意味なんだ』発売イベント



3月30日(金)18:00/20:00 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

3月31日(土)13:00/16:00ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場

4月1日(日) 13:30/15:30 ソフマップAKIBA1号店サブカル・モバイル館8Fマップ劇場



純情のアフィリア ワンマンライブツアー2018 迷宮のアトランティス



4月28日(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心

4月29日(日)名古屋 ELL

5月5日(土)大阪 MUSE

5月6日(日)京都 FANJ

5月12日(土)仙台Rensa

5月18日(金)ツアーファイナル 渋谷QUATTRO

5月19日(土)★ワンマンツアー・打ち上げ会



https://youtu.be/b1JOqzIN1y8


[ ガールズニュース:2018年03月30日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。