本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 第5回アイドルソロクイーンコンテスト、大阪の西田早希が初優勝 関東勢以外で初の栄冠に輝く


芸能ニュース [第5回アイドルソロクイーンコンテスト、大阪の西田早希が初優勝 関東勢以外で初の栄冠に輝く]

優勝 西田早希

優勝 西田早希

  • Chu-Z KANA 東京
  • 朝丘初(Le Siana) 大阪
  • 決勝歌1位 ましろさくら 
  • 決勝ダンス1位 鵜川あすか(おはよう!もきゅれーしょん)
  • 表彰式

全国のアイドルのソロ実力ナンバー1を決める第5回アイドルソロクイーンコンテスト全国大会が4日、5日、都内で開催された。激戦を制し大阪の西田早希さんが見事優勝。西田さんはパワフルなステージで、地区予選、準々決勝、準決勝まですべてブロック1位で完全優勝を果たした。3年連続の決勝進出でついに悲願を達成した西田さんは、関東勢以外から初の優勝となった。



毎年春に行われるアイドルの個人戦である同コンテスト、普段はユニットで活動するアイドルもソロで出場する。4日の準々決勝には、全国7地区の地区予選を勝ち抜いた88人のアイドルが参加。歌、ダンス、アイドル性、ビジュアル、観客投票の5部門の総合点で勝敗が決められた。歌やダンスだけではなく総合力が必要になるため、番狂わせの結果も。今回から世界大会への第一歩として、海外7ヶ国からもアイドルが参加。国際色豊かな大会になった。



準決勝は5日、渋谷さくらホールで開催。準決勝に残った48人から、さらに絞り込まれ、決勝には全国の精鋭16人が進んだ。今年は、昨年の優勝者・Chu-Z KANAさんが史上初の2連覇を果たすのかが注目された。昨年から負け知らずのKANAさんは、順調に準々決勝、準決勝と1位通過して決勝にコマを進めた。



今大会大躍進を見せた関西勢が決勝16人中8人を占めた。さらには海外勢でただひとり決勝に進んだコロンビアの12歳アンジー・ベガさんが台風の目となり外国人初優勝を狙う。決勝は、歌、ダンス、ビジュアル、パフォーマンスすべてを兼ね備えた16人がフルコーラスで激突。結果、西田さんが第5代ソロクイーンに輝いた。KANAさんは、プレッシャーからか歌のポイントが伸びず2位。惜しくも連覇はならなかった。



今年も大きな盛り上がりを見せたアイドルソロクイーンコンテスト。主催者によると、来年は外国からさらに多くの強豪アイドルが出場する予定で、日本vs世界の図式になるという。今大会の模様は、フジテレビ音楽番組「Tune」で放送される。



■第5回アイドルソロクイーンコンテスト決勝結果



優勝 西田早希 大阪

2位 Chu-Z KANA 東京

3位 朝丘初(Le Siana) 大阪

4位 ましろさくら 東京

5位 愛野美冴(釣りガールアイドルプロジェクト) 東京

6位 辻梨央(フル―レット) 滋賀

7位 みくる☆ 大阪

8位 一ノ瀬あかり 大阪

9位 鵜川あすか(おはよう!もきゅれーしょん) 東京

10位 深川史那 東京

11位 小島優璃愛(大宮I☆DOLL) 埼玉

12位 那須雅(フル―レット) 滋賀

13位 朝比奈めいり(Ellis et Campanule) 大阪

14位 森かのん(フルーティー) 北海道

15位 アンジー・ベガ(コロンビア代表) 

16位 赤田陽菜(フル―レット) 滋賀





決勝歌1位 ましろさくら 

決勝ダンス1位 鵜川あすか(おはよう!もきゅれーしょん)



[ ガールズニュース:2018年05月14日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。