本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 【@JAM EXPO2018】ベイビーレイズJAPAN、最後のアイドルフェス出演 異例のアンコールも


芸能ニュース [【@JAM EXPO2018】ベイビーレイズJAPAN、最後のアイドルフェス出演 異例のアンコールも]

ベイビーレイズJAPAN

ベイビーレイズJAPAN

  • ベイビーレイズJAPAN
  • ベイビーレイズJAPAN
  • ベイビーレイズJAPAN

アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANが25日、神奈川・横浜アリーナで開幕した『@JAM EXPO2018』の1日目メインステージ「ストロベリーステージ」のトリで登場した。9月24日に解散することが発表されているベビレにとって、今回が最後のアイドルフェス。会場のスクリーンには、メンバーそれぞれが解散に向けての想いを語る映像が映し出された。



センターの林愛夏さんのソロの力強い歌声から、1曲目の『タイガーソウル』がスタート。ベビレファンである"虎ガー"たちは、熱い"虎の魂"を感じて涙を浮かべていた。続いて『暦の上ではディセンバー』を歌い上げると、中央のステージへ移動。



大矢梨華子さんが「思い切り楽しむ準備をしてきました! 横浜アリーナ、楽しんでいきましょう!」と呼びかけ、『虎虎タイガー』がスタート。360度をファンに囲まれたステージから、コール&レスポンスで沸かせる。続く『閃光ビリーバー』では爽やかに青春を歌い上げ、『ベイビーレボリューション』、『何度でも』、最後は『僕らはここにいる』で客席も一体で大合唱となった。



鳴り止まない拍手の中、リーダーの傳谷英里香さんは「@JAMさんを通して見える景色が、大好きでした。9月24日のラストライブでは、富士山が見える大きなステージで、たくさんの人とその日を迎えたいです」と語りかけた。そこから、アイドルフェスでは異例のアンコールが。それに応える形で、彼女たちのアンセムである『夜明け Brand New Days』がスタートし、彼女たちを称える拍手は会場中から鳴り止むことはなかった。



ベイビーレイズJAPANのラストライブ「全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)」は、9月24日(月・祝)に山中湖にて開催。前日には、「伝説の前夜祭」も実施される。チケットは一般発売中。



(c)@JAM EXPO 2018



■関連ニュース


ベイビーレイズJAPAN、ラストライブの地・山中湖村を訪問 傳谷英里香「こんなに素敵な場所でライブをさせていただけて嬉しい」 (2018年08月27日)
ベイビーレイズJAPAN、ラストワンマン1ヶ月前特番が8/21配信決定 ファン参加型企画の実施も発表 (2018年08月14日)

[ ガールズニュース:2018年08月26日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。