本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > Juice=Juice 宮崎由加、武道館で卒業コンサート「明日から私はJuice=Juiceオタクになります」


芸能ニュース [Juice=Juice 宮崎由加、武道館で卒業コンサート「明日から私はJuice=Juiceオタクになります」]

宮崎由加

宮崎由加

  • Juice=Juice
  • Juice=Juice
  • 宮崎由加
  • 宮崎由加
  • 宮本佳林
  • 宮崎由加、高木紗友希
  • 金澤朋子、宮崎由加、高木紗友希
  • 宮崎由加
  • 宮崎由加

ハロー!プロジェクトの7人組アイドルグループ・Juice=Juice が17日、東京・日本武道館で『ハロプロ プレミアム Juice=Juice CONCERT TOUR 2019 〜JuiceFull!!!!!!!〜 FINAL 宮崎由加卒業スペシャル』を開催。この公演をもってリーダーの宮崎由加さんがグループおよびハロー!プロジェクトから卒業した。



この日のステージでは、ニューシングルから『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』や、思い出深いJuice=Juiceとしての初めての楽曲『私が言う前に抱きしめなきゃね』、メジャーデビューシングル『ロマンスの途中』など、実に計32曲(うちメドレーとして12曲)を披露するという、ボリュームたっぷりの内容となった。



またMCでは、宮崎さんの憧れのハロー!プロジェクトの先輩として、元モーニング娘。の道重さゆみさんが登場。「2年くらい休んでも大丈夫だよ」と自身の経験を踏まえ独特なアドバイスを送る道重さん。「これからも気負わず、ソロとして自分のペースで頑張ってね」という道重さん流のアドバイスだった。また初期曲のブロックのあとにはデビュー当時を感慨深く振り返る宮崎さんだった。



『Good bye & Good luck!』で本編の幕を閉じ、大きな「ゆかにゃ」コールに応えて登場した宮崎さん。1万人のファンに向けてメッセージを語り始めた。



結成当初はほかのメンバーと比べレッスン経験が少なかったため、スキルも未熟だったという宮崎さん。そんな自分に声援を送ってくれるファンのために「グループのメンバーとしてパフォーマンススキルを上げることはもちろんですが、『応援しててよかった』と思ってもらえるアイドルになることでみなさんの愛情に応えようと思うようになりました。ブログはできるだけ休まないこと、楽しめることを作り出すこと、ずっと可愛さを更新し続けることなどなど、喜んでもらうためにやりたいと思ったことが、ときには“あざとい”と言われることもあったけど、貫き通していたら、いつのまにか“あざと可愛い”を略して“あざかわ”と言ってもらえるようになりました。今の私は完全にみなさんが作ってくれました。応援してきてよかったと思ってもらえたら嬉しいです」と感謝を込めて語りかけた。



そしてメンバーに対し、「みんなが私をJuice=Juiceのリーダーにしてくれました。そして苦手なことはお互い助け合えばいいんだと教えてくれました。本当にありがとう。いつの時代のJuice=Juiceも最高と言ってもらえることがカッコいいなって思います。これから先もみんなならJuice=Juiceを最高にしてくれるとわかります。私もこの先、ひとりの人間として最高と思ってもらえるように、『ずっと見ていきたい』と思われるように頑張ります。弱気な私をJuice=Juiceが強くしてくれました。だから今なら言ってもいい気がします。この先もうまくいくと思います、私なら」と力強くメッセージを送った。



そして宮崎さんの卒業記念曲『25歳永遠説』をソロで歌っている途中でほかのメンバーもステージにl登場。5人のメンバーたちからの贈る言葉が語られ始めた。



特に結成当初から姉妹のように仲がいい植村あかりさんは、仲のよさゆえに、ちょっと憎まれ口っぽくなる部分もありながらメッセージ。宮崎さん同様、レッスン経験が少なく、当初は歌割も少なかった二人。「だから、すごくたくさんレッスンも入れてもらって、でもそういうのをあんまり表では言わなかったじゃないですか。弱音を吐く隙もなかったし、いろいろ頑張ってきたんだなと認める機会がやっと今来たなという感じです。頑張ってこれたことは由加のおかげなのかな。気持ち悪いほど一心同体で、本当に由加のおかげで私があると思いますし、私は由加に作られたのかなと思ったりもしました。私を否定せず、なんでもつつみ込んでくれる人でよかったなと思います」と、メッセージを送って抱き合った。



メンバーたちから温かいメッセージをもらい、抱き合い別れを惜しんだ宮崎さんとメンバーたち。感激の表情の宮崎さんは最後に「このメンバーがいたから私がステージに立ってられるなと思うことがたくさんありました。本当にありがとうという気持ちでいっぱいです」と感謝を告げた。



そして、宮崎さんが「この先もずっと歌い続けてほしい」という大切な曲『続いていくSTORY』を、6人で今この空間をかみしめるように大切に歌った。最後にに思いを込めて『未来へ、さあ走り出せ!』を歌いステージを後にした宮崎さん。だがアンコールのステージが終わっても鳴り止まない「ゆかにゃ」コールに応え、三たびステージに登場。「私がJuice=Juiceを選んだこと、みなさんが正解にしてくれました。本当にありがとうございました。明日から私はJuice=Juiceオタクになります。みなさん仲間です。これから一緒に楽しみましょう!」と告げ、大きな歓声の中、アイドル・宮崎由加はステージを後にした。



その他、この日のステージでは、Juice=Juiceの新メンバーとなった工藤由愛さんと松永里愛さんのお披露目も行われた。なお宮崎さんは卒業後も芸能活動を継続していく。

※この記事の詳細版も近日掲載予定



■関連ニュース


Juice=Juice 宮崎由加、セカンド写真集が「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」で5月の首位を獲得 (2019年06月13日)
【Juice=Juice 宮崎由加卒業コンサート 詳細版】 オドオドしていた少女が6年で大きく成長 キラキラと自信に満ちた笑顔を見せた夜 (2019年06月22日)

[ ガールズニュース:2019年06月18日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。