本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > カルチャーズ劇場新人公演で「SW!CH」がシンデレラに輝く! 10月からの定期公演が決定


芸能ニュース [カルチャーズ劇場新人公演で「SW!CH」がシンデレラに輝く! 10月からの定期公演が決定]

SW!CH

SW!CH

  • SW!CH
  • SW!CH
  • SW!CH
  • SW!CH
  • SW!CH
  • WildBunny
  • WildBunny
  • WildBunny
  • WildBunny

デビュー直前やデビューしたての新人アイドルを発信する夏休み特別企画「新人公演2019〜真夏のシンデレラたち〜」の結果発表会が14日、AKIBAカルチャーズ劇場にて開催され、見事1位に輝いた「SW!CH」が、10月からのカルチャーズ劇場定期公演開催権を勝ち取った。



この夏、全5組の新人グループが、それぞれ夏休み期間の月〜金の各曜日を担当し、来場者の投票と観客動員数を競い合いった。最後のパフォーマンスを終えて、ステージに並んだ各クループは結果発表を残すのみとなった。



SW!CH は、「この夏の新人公演を通して 本当にたくさん成長することができました。新人公演に出たことによって知ってくれた皆さんが、そこから普通のライブに来てくれるようになったりとか、たくさんの出会いがありました。皆さんと一緒に頑張ることができて本当に嬉しかったです。結果にかかわらず、是非これからも sw!tch を応援してくれたら嬉しいです」



WildBunny は、「この一か月間、メンバーと泣いたり笑ったり、この公演で学ばせていただいたことがたくさんあって、この学ばせていただいたことをこの先も活かして、目標とするメジャーデビューを達成できるように、もっともっと磨きをかけていきたい。今日は3人でのパフォーマンスとなってしまったんですけど、これからメンバー4人で頑張っていきたいので、応援よろしくお願いします」



湊学園みらい区 は、「この新人公演がデビューステージで、趣味も個性も特技も全部バラバラな四人組が集まって出来たグループでした。初日からたくさんのお客さんが来てくれて、その後も劇場のスタッフさんや、なによりお客さんにすごく支えられて、ぱっと出の新人なんですけれども、ここまで完走できたことに私たちはすごく誇りを持って、これから頑張っていこうとメンバーたち一堂で思っています。みなさんに感謝の気持ちを伝えることができたらと思います。本当にありがとうございました」



少女の季節 は、「 私たち少女の季節もこのAKIBAカルチャーズ劇場新人公演がデビューの場だったんですけれども、 この期間、毎日毎日レッスンをして 技術の面でも心の面でもすごく成長できた期間だったんじゃないかなと思います。これからも少女の季節をよろしくお願いします」



Update は、「新人公演が決まったときは、やっていけるのか不安だらけだったんですけれども、やっていくうちにメンバーみんなとの絆が深まったり、ファンとの絆がすごく深まって、本当にやって良かったなって思いました。皆さん最後まで協力してくれてありがとうございます。絶対に優勝します!」とそれぞれ語った。



結果発表では、「ガラスの靴シール」による投票ポイントでUpdateが1位になるものの、「観客動員数」が上回ったSW!CH が「総合計ポイント」でも1位となり、優勝となった。ハラハラと勝敗を見守っていた客席は、それぞれのファンの歓声とため息が入り混じった。



SW!CH のメンバーは目に涙を浮かべながらトロフィーとなる“ガラスの靴”を授与された。「本当に誰も結果が見えなくて、1位になりたいって明言しないようにしていました。本当にみんなで勝ち取った1位なので嬉しいです。応援してくださったみなさん、一緒に新人公演を完走してくださった劇場スタッフのみなさん、司会をしてくださった君ラジのみなさん、本当にありがとうございました」と感謝を伝えていた。



 



SW!CH 定期公演

『SW!CH ON』

10月クール日程:10月7日(月)、10月23日(水)

会場:AKIBAカルチャーズ劇場

開場/開演 19:00/19:30

前売¥2,600/当日¥3,100 (※別途1D)



[ ガールズニュース:2019年09月18日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。