本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 玉城ティナ、初めてのイルミネーション点灯式に緊張「手がかすったらどうしよう」


芸能ニュース [玉城ティナ、初めてのイルミネーション点灯式に緊張「手がかすったらどうしよう」]

玉城ティナ

玉城ティナ

  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ
  • 玉城ティナ

女優の玉城ティナさんが13日、東京ドームシティ「ウィンターイルミネーション〜山紫水明〜 イルミネーション点灯式」にゲストとして出席した。



東京ドームシティでは今冬、昨年に引き続き“和”をテーマにし、新たな構成のイルミネーションを展開する。玉城さんは黒を基調とした着物で登場。初めての点灯式に「手がかすって失敗したらどうしよう」と緊張しながらも、園内の来場者と一緒にカウントダウンを行い、無事にライトアップに成功した。



クリスマスの予定について玉城さんは「たぶん、お仕事ですが、外に出るとカップルばっかりで疲れそう。浮かれた雰囲気を楽しみたい気持ちもあるけれど、自分の楽しめる範囲で楽しむんじゃないかな」と少し諦めた様子だった。クリスマスプレゼントについては「自分で買うんだったら、あったかい冬のコートが欲しい」と語った。



今年1年を「自分の見せ方が変わって、いろいろな面を見せれたと思う」と振り返り、「映画も4本に出演して、15日に公開の『地獄少女』では主演を努めさせていただいたんですけど、表現するものを作り上げていく感覚を、より強く噛みしめました」と充実ぶりを語った。来年の抱負を聞かれると「20代の生き方も考えるようになったので、大人っぽい役にも挑戦して幅を広げたい。プライベートな時間も充実させていきたい」と意気込んでいた。



東京ドームシティ「ウィンターイルミネーション〜山紫水明〜」は、2020年2月26日まで開催。和楽器を用いた音楽に合わせて輝きが変化する「桜」のイルミネーションや、祭りやぐら、富士山、藤棚などをモチーフとしたイルミネーションや、「和紙絵巻行灯」などが冬の夜を彩る。



■関連ニュース


玉城ティナ、人間以外の役に自信アリ!?「宇宙と地獄はやったので ほかに何かあったら」 (2019年11月17日)

[ ガールズニュース:2019年11月14日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





週プレnetClassics


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。