本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 道重さゆみ、万年筆の新しい使い方を提案「手書きの文字は気持ちがよく伝わります」


芸能ニュース [道重さゆみ、万年筆の新しい使い方を提案「手書きの文字は気持ちがよく伝わります」]

道重さゆみ

道重さゆみ

  • 道重さゆみ
  • 道重さゆみ
  • img20191128万年筆ベストコーディネイト賞04
  • 道重さゆみ
  • 道重さゆみ
  • 道重さゆみ
  • 道重さゆみ
  • 鈴木保奈美
  • 政井マヤ

『第16回万年筆ベストコーディネイト賞2019』の授賞式が都内で28日に開催され、スペシャルゲストとして道重さゆみさんが登壇した。



ゲストとして出演した道重さんは「今まであまり万年筆を使う機会はなかった」と明かしつつも、手書きの文字を自撮り写メに添えてツイートするという“万年筆の新しい使い方”を提案。「手書きの文字は気持ちがよく伝わります」とアピールした。



囲み取材で道重さんは、今年で30歳を迎えた心境を「今でもシールや、ゲームや、タピオカが好き」と女の子らしい考えを変わりなく貫いていることを明かし、「10代“カワイイ”、20代“超カワイイ”、30代“超々カワイイ”です。常に進化しているので、道重さゆみに劣化という言葉はありません!」と強調した。



万年筆ベストコーディネイト賞は、国内外の筆記具メーカーが万年筆の普及を目的として、最も万年筆が似合う著名人に贈られる賞で、選考は前年度の受賞者が次の年の受賞者を選ぶこととなっている。今年は女優の鈴木保奈美さん、フリーアナウンサーの政井マヤさん、音楽プロデューサーの松任谷正隆さんが選ばれた。



鈴木さんは「子供の頃から文字を書くことに親しみがあったのですが、なかなか漢字が思い出せないということが多くなったので、これをきっかけにきちんと字を書くように見直したい」、政井さんは「身に余るほどの素敵な賞をいただいて光栄です。いつか(故郷の)メキシコのことを書くことが夢だったので、これを励みに形にすることができたら」、松任谷さんは「万年筆フェチなので素で嬉しいです」とそれぞれ受賞を喜んでいた。



[ ガールズニュース:2019年11月29日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!







Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。