本文へジャンプします。

■■ @nifty グラビアNAVIGATORスマートフォン版登場!ぜひお試しください!! ■■



現在位置: > > 高橋みなみ、涙の分だけ笑えるように頑張りたい/AKBドキュメンタリー舞台挨拶


芸能ニュース [高橋みなみ、涙の分だけ笑えるように頑張りたい/AKBドキュメンタリー舞台挨拶]

AKB48

AKB48

  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48
  • AKB48

不動のセンターだった前田敦子の卒業をはじめ、激動の1年となったAKB48の2012年を追ったドキュメンタリー『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の完成披露舞台挨拶が1月21日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。

登壇したのはメンバーの高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依と、メガホンを取った高橋栄樹監督。念願だった東京ドーム公演が昨年ついに実現したことについて、高橋は「AKB立ち上げ当初からオフィシャルブログを『TOKYO DOMEまでの軌跡』というタイトルでやらせていただいていたんですけど、そのときはまだ250人の劇場も埋まっていない状況だったので、夢のまた夢でした。7年経って、その場所に立てたことが、自分たちの人生にとって宝だなと思いました」と感慨深げ。

前田不在の総選挙で1位を奪還した大島は、改めて「センターとはどういう存在か?」と聞かれ、「前田敦子に前田敦子のポジションがあったように、大島優子には大島優子のポジションがあって、向けられたスポットライトがたまたま別のメンバーに当たったらセンターが入れ替わったという意味では、存在するというより、センター自体がすごく動いているように思います」と自身のセンター論を口にした。

また、東京ドーム公演初日にチームAのキャプテンになることを発表された篠田は、発表の瞬間の気持ちを聞かれ「ウソだろ、みたいな(笑)。すごい疑ったのは覚えてますね。『ムリムリムリ』って言ってたんですけど、一応、みんながいるから、笑って『ムリ』と言ってましたが、心の中では本当にムリって思ってました」と当時の心境を吐露。「やっぱり、うちのキャプテンの(高橋)みなみを見てきているので」とキャプテンの責任や重みを痛感しているからこそ自信がなかったと続けた。

一方、前田の卒業発表について、前田と同じ一期生だった小嶋は「あっちゃんが喋り出すときに、卒業を発表するんだなって感じて、言わないでほしいって思いました。さいたまスーパーアリーナの客席のみなさんもそういう雰囲気だったと思います」とコメント。

東京ドームの初日オープニングに6人で「PARTYが始まるよ」を歌ったときのことを聞かれた板野は「2005年のオープニングの1曲目が『PARTYが始まるよ』だったので、私たちにとってすごく思い出深い曲。秋元さんが一番最初に私たちに(東京ドームの)夢を叶えさせてくれたのかなって思いながら歌いました」と振り返った。

最後に高橋は「2012年、私たちはたくさんの涙を流しました。私がこの映画を見て思ったことは、メンバーによって見ている景色が違って、涙の色も涙の意味も違うということです。その涙を流した先に何があるのか、若い私たちの決断は正しいのかわかりません。ですが、どんなことが起きても明日は来ます。涙の分だけ、たくさん笑えるように、笑顔になれるように頑張っていきたいと思います」と力強く語っていた。

『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は2月1日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開となる。


[取材:アイドルCheck!]

[ アイトピックス!:2013年01月31日 ]


芸能ニュース 一覧

このページの先頭へ






月額500円+税で見放題!KOKOYOI−TV

クリップリストを見る

クリップリストを作って、気になるコンテンツを並べて比較!





戦国武将姫MURAMASA乱

@niftyポイントモール


Copyright (C) 2013 株式会社レゾリューション 記事の無断転用を禁じます。